2014年の8月から関わりを持つ事になった利用者さん。
出会った頃は脳出血の後遺症でマヒがあり、寝返りもできなく、本人からも「何もできないよ…」と悲観的な発言もありました。
職員みんなで元気づけ、たくさんの笑顔も見られるようになり、入所後2か月で自力で立てるようになりました。
今年の絵馬にはなんと「私の夢 この足でもう一度歩いてみたい」と!!
いくつになっても夢を持つことはすばらしいですよね。
S__1212702_R

S__1212701_R

この記事を書いた人

多嘉良 杏奈ケアプランたんぽぽ-管理者・ケアマネージャー

【どんな人なの(ポジション-肩書きは)?】

ケアプランたんぽぽの管理者

ケアマネージャー

【略歴】

1981年生まれ

【本人からのコメント・アピール】

要支援、要介護に認定されたご本人やご家族の希望に添った介護サービスを適切に利用できるように、本人や家族の心身の状況や生活の環境などに配慮し、利用する介護サービスの種類や内容を定めたケアプラン(介護サービス利用計画)を作成しています。

ケアプランは、利用者の心身の状態の変化などに配慮し、常に適切なサービスが利用できるように随時変更されます。

ケアプランはご自分で作成することも認められていますが、その場合は利用者(本人・家族)が市区町村へ届け出る必要があります。

詳細はお気軽にお問い合わせください。

【趣味】

熱帯魚。週末は熱帯魚を捕りに地元の海を散策してます。