デイサービスセンターたんぽぽに咲くスイレンの花です。
漢字で書くと「睡蓮」の花は日中開いて夜(正確には午後2時から3時頃)になると閉じるを3回繰り返します。
眠ることが名前の由来だそうですよ。
そして睡蓮と蓮の見分け方ですが、睡蓮の葉には写真のように切り込みがあるのに対して蓮の葉は切り込みがありません。
分かりやすいですね。
デイサービスセンターたんぽぽではバジルや大葉も育てています。
緑を見ていると心が安らぎます。
20150518003_R

20150518002_R

20150518005_R

この記事を書いた人

多嘉良 杏奈ケアプランたんぽぽ-管理者・ケアマネージャー

【どんな人なの(ポジション-肩書きは)?】

ケアプランたんぽぽの管理者

ケアマネージャー

【略歴】

1981年生まれ

【本人からのコメント・アピール】

要支援、要介護に認定されたご本人やご家族の希望に添った介護サービスを適切に利用できるように、本人や家族の心身の状況や生活の環境などに配慮し、利用する介護サービスの種類や内容を定めたケアプラン(介護サービス利用計画)を作成しています。

ケアプランは、利用者の心身の状態の変化などに配慮し、常に適切なサービスが利用できるように随時変更されます。

ケアプランはご自分で作成することも認められていますが、その場合は利用者(本人・家族)が市区町村へ届け出る必要があります。

詳細はお気軽にお問い合わせください。

【趣味】

熱帯魚。週末は熱帯魚を捕りに地元の海を散策してます。